変わるぶろぐ

★ただいま妊活中★30代半ば。そろそろちゃんと考えたい、人生のこと。 仕事、妊活、貯金について変わる自分と人生を、徒然綴るブログ

【実録】不妊治療2週期目まとめ~診療内容と基礎体温~

pv20170220

 

不妊治療の最初の段階である「検査」をほぼ終えたのが今周期です。

自身はじめての排卵誘発剤や卵管通水にチャレンジしました!

残念ながら今回もリセットしてしまいましたが・・・今周期の記録をまとめてみました。

【実録】不妊検査2周期目

今回は排卵誘発剤クロミッド」の服用と、卵管通水検査を行ないました。

「治療した感」がなんとなく自信につながり、今度こそ!と毎日期待に胸が弾んでいました。

 

ちょっとした体の変化も「妊娠超初期症状!?」とドキドキ。

今期、ムダに食い過ぎていたのですが、ワタシの中では「もしや食べつわり!?」と超前向き。

おかげでリセットした今、わずか1周期で2kg近く太り焦っています。

 

◆第3回目 診察内容

・超音波検査(卵胞の計測、子宮内膜の計測)

クロミッド錠の処方

診察料 / 約3000円

 

生理5日目で受診。ワタシにとってはじめての排卵誘発剤を服用することになりました。

 

◆第4回目 診察内容

・超音波検査

・卵管通水検査

・イトレリン点鼻薬の処方

診察料 / 約18000円

 

激痛として有名な、卵管通水を受けました。その結果、左は正常、右がやや狭窄という診断でした。

「痛~~~ッ!!」っていう痛みではなく、「おぅぅぅ~~・・・」というイメージ(←わかりにくいw)

重~い生理痛のような痛みでした。

 

不妊治療2周期目 基礎体温と体調

pv-20170322.png

 

D6:クロミッド1日目

D7:クロミッド2日目

D8:クロミッド3日目

D9:クロミッド4日目

D10:クロミッド5日目

D12:卵管通水、卵胞チェック

D15:イトレリン点鼻薬

D16:仲良し(医師によるタイミング指示)

 

ワタシの母も卵管が詰まっていたようで、「卵管通したらすぐアンタ(ワタシw)ができた」と言っていました。

それもあって、今回は(も?)今までになく期待できそうな周期だったのに。

リセット前日まで「コレはいつもと違う!」と期待が高まっていただけに、切なかった~…。

 

*はじめて排卵誘発剤を服用した

*卵管通水で、狭窄を治した

*卵胞も2つきちんと育っていた

*(前周期だが)フーナーテストは良好

*イトレリンも忘れずに指した

*高温期が長く続いた

 

生理予定日の前日まで高温を維持できていたのに、生理予定日前日の夜から独特の下腹部痛を感じはじめ、

生理予定日当日にガクッと体温が下がり、朝一からきっかりリセットしました。

 

前日の下腹部痛は「着床痛」、出血が茶っぽく少量のうちは「着床出血」と思い込もうと頑張りました。

が、残念。

その日の午後くらいにはもう自分もごまかせないほど、はっきりとしたいつもの生理でした。

 

あ~あ。

しかもクロミッドの副作用で、子宮内膜がやや薄くなってしまったそうです。

クロミッドより弱い「セキソビット」に薬を換えて、また次周期に臨みます!

大丈夫!次も卵管通水のおかげでゴールデン期!

 

とりあえずリセット2日間はアルコール解禁。

ダンナと切なく、そしてだからこそ明るく乾杯しましたとさ。