変わるぶろぐ

★ただいま妊活中★30代半ば。そろそろちゃんと考えたい、人生のこと。 仕事、妊活、貯金について変わる自分と人生を、徒然綴るブログ

【断捨離】冬服処分!選別方法と増やさないポリシー

pv-20170411.jpg

あたたかくなってきたので、冬服を断捨離しました!

モノが減るとやっぱりタンスもココロもスッキリ♡

 

今回捨てた服はコートからニット、帽子までその数11点。(+写真に写せない下着や部屋着も)

高かったものもあるし、とても気に入っているものもあります。

今回の断捨離の選別基準は「ダメージ」と「重複」

多少いたみがあっても、なんとなくモッタイナイ根性で次シーズンまで持ち越してきました。

次のシーズンになっても、いたんでいるからどうせ着やしない。

 

*ダメージのある服は残したってしょうがない

冬服は夏服以上に「毛玉」「毛羽立ち」「伸び」「ヨレ」などさまざまなダメージが目立ちやすいもの。

ダメージの目立つ服は、それだけでみすぼらしく見えてしまいます。

自分でお手入れしても限界があるので、明らかに寿命だなと感じるものは、優先的に捨てます。

 

プチプラ服ならなおさら手入れに手間とお金をかけすぎるのも本末転倒。

あらかじめ1~2シーズン着倒すつもりで割り切るのが無難ではないでしょうか。

 

*しっくりこない服はどうせ着やしない

可愛いと思って買ったものの、残念ながら似合わなかった服たち。

似合わない服を着ても、どうもしっくりこない感じがして、結果的に倦厭してしまいます。

 

*「マイブーム」の偏り過ぎに注意

捨てるものをよく観ると、ベージュ系の服とカジュアルなロゴトレーナー系が多くありました。

赤のパーカーなんてまったく同じ!?と見間違うほどそっくりです。(違うんですよ、微妙に色も形も…笑)

明らかに「マイブーム」なので、自分の中でブームが去り、すべて同時に着なくなりました。

 

【ワタシ的】服を増やし過ぎないポリシー

 

ワタシは比較的お洋服が好きなほう。

ついつい流行物には手を出したくなるし、マイブームが来れば似たようなものばかり買ってしまいます。

 

「モノを減らしてお部屋をスッキリさせたい」

「ムダ使いを減らして節約・貯金したい」

”変わるぶろぐ”を通じて叶えたいと思っているこの2つの目標も、服に対するポリシーを持たない限り達成できそうにありません。

 

今回の断斜離で、4つ決めたことがあります。

 

◆類似アイテムの重複に要注意!

今回捨てたベージュのプリーツスカートですが、実は白と紺も持っています。

最近では”バルーン袖”のブラウスがマイブームでついイロチ買いをしてしまったばかり・・・。

きっと流行かマイブームが去れば、一度に全部着なくなります。

ベーシックも流行モノも、類似品の増加に注意しましょう。

(説得力がなさすぎますが)

 

◆休日着は制服化し、2、3着程度で十分!

遠くに出かけたり、誰かとあったりしない日はどーでもいい服を着ていませんか?

断捨離対象になった服の中には、休日着に格下げを考えたものもありました。

格下げしたって着る頻度はごくわずかだし、そんなのびのびとした休日は、着るものが決まっているくらいの方が楽!

量だって2,3着もあれば十分ですよね。

 

◆買い足すのではなく、買い換える

手持ちのものより「イイ」と思えるものを買い、手持ちのものと入れ替えるつもりで購入します。

絶対数を増やさずに、着たいモノを着る最も効率的な手段です。

 

◆我慢はし過ぎない

欲しい服があったら、「欲しい」「捨てられない」「貯金したい」この3つを天秤にかけて、熟考します。

買ったとしても、買うことを諦めたとしてもたぶんどれかの欲は満たせるはず。

(我慢したから貯金に回せたとか、お金使ったけど満足とか)

 

春夏はこのポリシーに則って洋服の適正量を維持するように頑張ります!

その前にもうちょっと捨てなければ…。

 

うっかり黒とデニムの2色「イロチ買い」してしまったバルーン袖のブラウス↓

 

 

うっかり3足「イロチ買い」してしまったアミアミ(婦人靴と雑貨の店)の走れるパンプス↓